髪の毛のダメージを最小限に抑えるために必要なこと

理想の美髪を手に入れるための情報サイト

>

セルフケアとプロの技、どちらも利用して美髪を手にいれましょう

髪の毛のためのシャンプー選びと洗い方

様々な場所でたくさんの種類が売られているシャンプーですが、髪のダメージを抑えたい方はどのようなものを選ぶとよいのでしょうか。
決め手は洗浄成分です。
製品裏面の成分表示をよく見てみてください。
「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」と書かれてあるものは石油系の洗浄成分で頭皮や髪にとっては洗浄力が強すぎてしまうので避けたほうがよい成分です。

「アミノ酸系」など髪に優しい洗浄成分が含まれているものを選びましょう。

次に洗い方ですが、まずシャワーで髪を濡らす前に軽くブラシで髪をすきましょう。
濡れた髪はダメージを受けやすいので、乾いた状態でほこりや汚れを落とし、からまりをとっておきます。
そしてシャワーの温度にも注意が必要です。
熱すぎお湯は、髪や地肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

シャンプーはまず手のひらで泡立てるのがコツです。
優しく頭皮をほぐしながら、泡で包んでいくとよいでしょう。



コンディショナーとトリートメントの違い

シャンプーの後につけるのがコンディショナー、もしくはトリートメントです。
コンディショナーとは、髪の表面に油分の膜をつくり保護するものでつやが生まれます。
トリートメントは髪の内部の傷んでスカスカになってしまった部分に染み込んでいき、なくなってしまった栄養分を補給させる役割を持っています。

髪のダメージを抑えたい方、ダメージを補修したい方にはトリートメントがおすすめですが、トリートメントの後にコンディショナーを使用することもできます。

使い方は製品にもよりますので裏面の説明をよく読んで使用していただきたいのですが、基本的にはコンディショナーはつけてから1分ほどですすぎ、トリートメントは数分おいて髪が十分に成分をすったと思われるタイミングですすぎましょう。
どちらも頭皮にはつけず、すすぎ残しがないように気を付けてください。


この記事をシェアする
TO_TOP